• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン

宿泊事業者向けWEBシステム・サービスを開発するメトロエンジン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 田中良介、以下「メトロエンジン社」)と24時間無人カギの受け渡しシステムを展開する株式会社KEY STATION(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 大貫功二、以下「KEY STATION社」)とは、住宅宿泊事業法(2018年6月施行予定)で求められる本人確認及び鍵の受け渡しを同時に行うシステム(以下、「本システム」)を共同開発し、2018年3月26日より、本システムを無料で利用できるキャンペーンを開始する。

ポイントは、鍵の受け渡し前に、確実に本人確認を行うことができ、24時間無人でゲストのチェックイン・チェックアウトに対応することができる点だ。従来の客室入室後のタブレットによる本人確認では、必ずしも本人確認が行われないケースがあったが、本システムの導入により、民泊事業運営の効率化とセキュリティ強化をする新たなツールとして期待されている。

■本システムを利用したチェックインフロー
Step 1. KEY STATIONに設置されたタブレットにて、メトロチェックイン(Airbnb等の予約サイトと連動)にログイン。
Step 2. 宿泊者情報とパスポート画像は、事前に民泊ダッシュボードに登録、または現地で入力。動画通話にて照合・本人確認完了。
Step 3. 本人確認後に発行される鍵の取り出しパスワードで、鍵をピックアップ。鍵を取り出し情報は、瞬時にホスト(管理者)へ通知。

無料キャンペーン期間は2018年3月26日~6月14日までとなっており、メトロエンジン社の「民泊ダッシュボード」とKEY STATION社の「KEY STATION」をキャンペーン期間中無料で利用できる。

尚、キャンペーンについては、下記から応募可能となっているので、試してみては如何だろうか。

■キャンペーンの応募
[KEY STATION社からの応募] KEY STATION社問い合わせフォームもしくはメール、電話にて受け付けております。
お問合せフォーム:https://key-stations.com/#contact
メールアドレス:contact@key-stations.jp
電話:03-6451-1524 (担当:若狭)

[メトロエンジン社からの応募] お問合せフォーム:https://info.metroengines.jp/contact
メールアドレス: sales@metroengines.jp
電話: 03-6277-6870(担当:営業部)

関連キーワード
新サービスの関連記事
  • 健康経営ソリューション『COMORE BIZ』 SOMPOホールディングスグループの株式会社プライムアシスタンスに採用
  • Airbnb公認デザイン*住宅「ORANGE DOOR」販売開始のお知らせ
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • BtoB・企業間後払い決済サービスの「NP掛け払い」  「マイナス金額での取引登録」機能を11月21日(水)より提供開始
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
おすすめの記事