• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
軽井沢町「民泊はブランドに傷」町内全面禁止、県に求める

通称「民泊新法」が施行される6月を前に、長野県にある軽井沢町が年を通じて、民泊の町内全面禁止を求めている。地元宿泊施設への影響、騒音やトラブルなどが起きる事で「軽井沢ブランド」に傷が付くとの考え。規制権限がある県は3月、別荘地などで民泊を制限する条例を制定したが、町は内容を受け入れられないとし、議論は平行線をたどっている。
国は、急増する訪日外国人の宿泊の受け皿として民泊を推進。国の示した運用指針の中では、自治体全域や通年での民泊規制は「適切ではない」と明示していた。
民泊は都道府県や政令市、中核市などが、いわゆる「上乗せ条例」で独自に規制をできるが、権限を持たない軽井沢町としては、県に全面禁止を条例の施行規則に盛り込むよう求めている。県は、全面禁止には否定的。町と話し合いの上、今月中に専門委員会で結論を出す見通し。

関連キーワード
法改正の関連記事
  • 中野区、区内で「民泊」実施したい方向け説明会、4月25日実施へ。
  • 要注目!「民泊条例マップ」東京23区版を掲載 Airstair
  • 軽井沢町「民泊はブランドに傷」町内全面禁止、県に求める
おすすめの記事