• イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
民泊で隠し撮りし書類送検、福岡市内

福岡市博多区のマンションで無許可で民泊を営んだうえ、室内で隠し撮りをしたとして、福岡県警博多署は4日、同市早良区の民泊オーナーの男(48)を旅館業法違反などの疑いで書類送検した。送検容疑は2016年8月ごろから17年6月ごろまで、博多区に所有するマンションの1室で許可を受けずに民泊を営業したほか、部屋の天井に火災報知機型の録画式カメラを仕掛け、隠し撮りした疑い。
同署によると、民泊の料金は5000~7000円で、これまで韓国人や日本人などの約50組が利用していた。
男は当初、備品盗難を防ぐためにカメラを設置したが「17年2月ごろにカメラをベッドの方へ向けた」と供述しているという。泊まっていた韓国人旅行者がカメラに気付き、相談を受けた韓国総領事館が署に通報した。

関連キーワード
地方の関連記事
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事