• 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
楽天、岩手県釜石市と包括連携協定を締結。フィンテック導入で地域経済活性化

楽天は4月4日、岩手県釜石市と包括連携協定を締結し、実店舗でのクレジットカード決済、スマートフォンでの決済サービス「楽天ペイ」を導入・活用などを推進することで訪日観光客需要の創出、地域経済の活性化を推進していくと発表した。楽天は導入・運用のサポートを行い、国内外に向けた特産品の販路拡大などの促進をする。楽天の自治体連携は、釜石市で全国28例目。決済とインバウンドを包括提携する枠組みは全国初となる。

岩手県釜石市の産業振興部長・平松福壽氏は、「現金決済の店が大半で、ECの普及も遅れている。2019年に予定されているラグビーワールドカップの経済効果をキャッチできない」との懸念を説明。
現状、1泊2日の観光客が市内で使うお金は1万6000円。今後、体験プログラムなどで単価を上げていきたい。ふるさと納税についても、ここ数年は6500万円で頭打ちとなっているが、これを2~3倍に増やしたい考え。体験については、アクティビティ予約サービスのサイト「Voyagin」を運営するVoyagin Pte.Ltdと協働する。

今回の協定に先行し、釜石市、LIFULL、楽天LIFULL STAYの3者間で、2017年12月に「空き家の利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結。「地域おこし企業人」の派遣・人材育成、民泊等による観光振興の推進をすでに開始しているという。

包括連携協定の主な内容

・市内事業者のキャッシュレス決済の利活用促進に関する事項
・外国人観光客への体験型アクティビティに関する事項
・ふるさと納税の推進に関する事項
・市内事業者のIT利活用促進に関する事項
・国内外に向けた市内特産品の販路拡大に関する事項
・その他、市内の経済活性化および、住民の利便性向上に関する事項

関連キーワード
業務提携の関連記事
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • いい生活とSMBC GMO PAYMENTが不動産市場における決済ソリューションの提携契約を締結。キャッシュレス化推進を目指し、遠州鉄道と実証実験を開始。
  • 名古屋銀行と業務提携し、中小企業の課題解決をサポート
  • finbee(フィンビー)、中国銀行、東邦銀行との口座連携を開始
  • セブン銀行とATM利用に関する提携を開始
おすすめの記事