• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
訪日外国人旅行者を中心としたお客様向け商品を取り扱う新規事業会社を設立

日の丸自動車興業株式会社(本社:東京都 代表取締役社長:富田浩安)、株式会社JTB(本社:東京都 代表取締役社長:髙橋広行)、京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪府 代表取締役社長:加藤好文)の子会社である京阪バス株式会社(本社:京都府 代表取締役社長:鈴木一也)の3社は、個人旅行化する訪日外国人旅行者を主なターゲットに、利便性が高い交通手段を提供し、自治体や法人、地域経済にも貢献することを目的に、乗り降り自由な周遊型観光バスを東京で運行します。


018年6月14日に、Hop on Hop off Bus(乗り降り自由な周遊型観光バス)である『SKY HOP BUS』の企画・営業を担う新会社『スカイホップバスマーケティングジャパン株式会社』(以下、SMJ)を、3社出資により設立しました。
◆出資比率/日の丸自動車興業:JTB:京阪バス = 56.6%:33.4%:10%

利用者の9割を訪日外国人が占める『SKY HOP BUS』は、既に2012年より日の丸自動車興業が浅草・スカイツリー/お台場/六本木・お台場の3コースを日英中韓の4言語で運行しています。このたびの新会社では、既存コースの改変を実施し、以下の内容を新たに推進してまいります。

①新宿・渋谷を含めた新たなルート設定
②10言語を超える音声ガイドの設定
③バスを媒体とした広告・プロモーション事業の展開
④観光地や交通事業者と連携した企画券やアトラクション等、訪日外国人だけではなく、日本人も楽しめる質の高いサービスの提供

世界150都市以上(※2)で運行され個人で観光されるお客様に対応したHop on Hop off Busは、バス停周辺の店舗や観光地に少人数からの誘客を促進し、商店街を始めとした地域経済発展や観光振興に貢献します。まずは、新会社の事業を東京で開始し、将来的には全国展開も視野に入れ、訪日外国人旅行者のリアルな観光データを取得し、マーケティング活動に活用します。

日の丸自動車興業、JTB、京阪バスは、2020年の訪日外国人旅行者数4,000万人の目標達成に寄与すべく、3社のあらゆるリソースを活用し、取り組んでまいります。

関連キーワード
  • 健康経営ソリューション『COMORE BIZ』 SOMPOホールディングスグループの株式会社プライムアシスタンスに採用
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • 情報共有サービス「DocBase」にエンタープライズプランが登場
  • 企業主導型保育所(申請中)「京王キッズプラッツ多摩センター」を開設します!
  • 初期費用0円 年間コストを大幅削減 データフィードの見直しを検討している企業様に朗報! ビカム株式会社、乗り換えキャンペーンを実施
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事