• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
世界中のどこでも無料でネットが使えるWiFiインフラ構築を目指すタウンWiFi・AIを活用したWiFi自動認証の仕組みで世界展開を加速 WiFi対象国を世界34カ国へ拡大!

WiFi自動接続アプリ「タウンWiFi」を運営する株式会社タウンWiFi(本社:東京都港区、代表取締役:荻田 剛大、以下「タウンWiFi」)は、2018年8月2日より自動ログイン可能対象を、世界34カ国へと拡大いたします。

■アジアからヨーロッパまで!旅行中に無料でネット利用が可能に

 今回のアップデートでは、世界的に観光客が多い都市・国を中心とした28カ国が新たに自動ログイン可能なWiFiスポットに加わります。日本人の旅行先として人気な韓国や台湾を始めとしたアジア圏はもちろん、イギリスやフランスなどのヨーロッパ圏での旅行においても、空港から移動中、滞在先まで無料でネット利用が可能となります。アプリをインストールしておくだけで、WiFiスポットへの接続が自動で可能になるというシンプルさを武器に、日本人を含む外国人観光客へはもちろん、現地の方へも利用が更に拡大していくことを期待しています。

■世界展開を実現する「AI認証」の仕組み
 これまでタウンWiFiは、接続可能なWiFiを拡大するために、ひとつひとつ人力でWiFiを調査していく必要がありました。タウンWiFiはここにAIを投下し仕組み化を実現。タウンWiFiユーザーが未対応のWiFiスポットに繋がると、その情報がログとして個人情報を抜いた形でタウンWiFiサーバーに蓄積されます。蓄積されたデータをAIが解析を行い、WiFi接続に必要な手順を解析、サービスへ反映していきます。この「WiFi認証AI」の実装により、今後も世界展開を加速して参ります。

■サービス対応国(地域)一覧

【既存】
日本、韓国、アメリカ(グアム、ハワイを含む)、台湾、香港、マカオ

【新規追加】
<アジア>7カ国
アラブ首長国連邦、インドネシア、カンボジア、シンガポール、フィリピン、ベトナム、マレーシア

<アメリカ大陸>1カ国
カナダ

<オセアニア>2カ国
オーストラリア、ニュージーランド

<ヨーロッパ>18カ国
アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル

■海外旅行でのタウンWiFi利用イメージ(韓国・ソウルでの利用例)
タウンWiFiを利用することで、WiFi環境が不明瞭な海外であっても、自動で安全にWiFi接続をすることが可能になります。下記は韓国・ソウルの例ですが、海外旅行時の通信手段の選択肢の一つとして、フリーWiFiの利用をより使いやすいかたちで提案していきたいと思っております。

ソウルのインチョン空港に到着するとタウンWiFiが空港のWiFiに自動接続。ホテルまでの道順を再確認できます。ソウル駅まで向かう韓国高速鉄道の車内でもWiFiに繋がるので、食事をするお店や観光地を再確認することも可能。ソウル駅到着後はソウルWiFiに接続、駅の出口をMapで確認しながら移動。徒歩でホテルまで移動中も、迷ってしまったら途中のカフェに入ればすぐWiFiに接続します。ホテルに着けば、ホテルのWiFiに接続。
タウンWiFiはWiFi自動接続を行うことで、海外であっても、ユーザーのネット利用を一気通貫してサポートいたします。

WiFi自動接続アプリ「タウンWiFi」概要
「タウンWiFi」は2016年5月にリリースしたWiFi自動接続アプリです。「タウンWiFi」をダウンロードすると、街中の無料Wi-Fiに自動で接続でき、WiFi通信の保護機能により通信を暗号化しているため、WiFiをより安全に利用することが可能です。2018年7月現在、350万以上の会員を保有しています。

対応言語:日本語、英語、韓国語、中国語
URL:http://townwifi.jp/share/(iOS版・Android版共通)

<自動接続の透明化について>
タウンWiFiは以下のような対応でWiFi接続自動化の接続フローの透明化を明示しています。
・(対応が必要な事業者の場合)利用規約の同意、仮会員登録の部分はユーザーが手動で行うようにする
・自動化される部分やそのフローをタウンWiFiの利用規約で表示する
・タウンWiFiが発行したメールアドレスへの事業者からのメールをメッセージ欄に表示する

また「WiFi認証AI」の導入に合わせ、下記対応も実施しています。
・タウンWiFiのウェブページ上でWiFi提供者からの問い合わせ窓口を設置
・自動化対応後対応した旨を順次WiFi提供者に連絡。要望があれば、接続の手動化対応が可能。

株式会社タウンWiFi 会社概要
社名    : 株式会社タウンWiFi
所在地  :港区芝大門1-3-5芝大門スクエア5階
代表取締役:荻田 剛大
設立日  :2015年4月27日
URL   :http://townwifi.jp/
事業内容 :スマートフォン向けアプリケーションの開発と運営

関連キーワード
wifi, 世界の関連記事
  • 世界中のどこでも無料でネットが使えるWiFiインフラ構築を目指すタウンWiFi・AIを活用したWiFi自動認証の仕組みで世界展開を加速 WiFi対象国を世界34カ国へ拡大!
おすすめの記事