• ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
台湾人を中心とした訪日客へ、お台場開催のイベントをダイレクトにPR!

株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)が提供する訪日台湾人向けメディア「日本放題®」は、8/1~8/31に開催される「Tokyo Shopping Week at ODAIBA」の開催に伴い、オリジナルフリーペーパー「お台場放題」を発行し、お台場エリアへの台湾人を中心とした訪日外国人誘客をサポートいたします。
【本リリースのポイント】
1. お台場エリア4施設実施の「Tokyo Shopping Week at ODAIBA」とタイアップ
2. オリジナルフリーペーパー「お台場放題」を制作・発行し、テレコムスクエアの成田・羽田空港店舗で
  直接訴求
3. テレコムスクエアのアプローチは“旅マエ”に台湾空港で訴求など、直接かつ効果的なリーチが特長

 2020年に向けた更なるお台場エリアの発展や認知拡大を目指すお台場エリア4商業施設(「アクアシティお台場」(運営:三菱地所リテールマネジメント株式会社)、「ヴィーナスフォート」(運営:森ビル株式会社)、「ダイバーシティ東京 プラザ」(運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)、「デックス東京ビーチ」(運営:東急不動産SCマネジメント株式会社))と、訪日台湾人向けメディア「日本放題®」のタイアップが実現しました。
タイアップ企画1:「Tokyo Shopping Week at ODAIBA」オリジナルフリーペーパー「お台場放題」発行

 当社の訪日台湾人向けメディア「日本放題®」が、お台場エリアへの誘客を目的としたオリジナルフリーペーパー「お台場放題」を制作・発行いたします。「日本放題®」が台湾人の国民性や観光特徴を把握した上でアプローチしてきたノウハウを活かし、今回お台場エリア4商業施設への誘客をサポートいたします。
 また、期間中「お台場放題」を持参し4商業施設に来館された方には、先着でオリジナルトートバッグをプレゼントいたします。

タイアップ企画2:当社の成田・羽田空港の計4店舗にて「お台場放題」を対面配布
 オリジナルフリーペーパー「お台場放題」は、当社の成田・羽田空港の計4店舗で対面配布いたします。当社の空港店舗ではスタッフが多言語で対応しております。訪日外国人の方にとっては、日本での旅行の始まりに対面・多言語にてお台場開催のイベント情報を直接受け取ることができます。

 テレコムスクエアでは、訪日台湾人向けのリサーチ&プロモーションメニューを提供しております。2017年は年間100プロジェクトを受託し、130万人以上のフォロワー数を持つ台湾最大級のブロガーを中心とした招聘、約16万人の会員向けリサーチや座談会、台湾空港8店舗や日本国内空港20店舗での直接リーチ、SNS運用や展示会運営など、インバウンドご担当者様の多様な問題解決をサポートしております。
※訪日台湾人向けプロモーション専用サイト: https://www.telecomsquare-taiwan-rp.com/
テレコムスクエアの主な訪日台湾人向けプロモーションメニュー
テーマに合わせたフリーマガジン、フリーペーパーの制作が可能
 今回の「お台場放題」のように、コラボ告知ツールとしてフリーペーパーを制作し、当社のレンタルWiFi 「Wi-Ho!®」利用者へ直接手渡しいたします。

訪日する台湾人旅行者に絞り、台湾の空港で訴求が可能

 台湾拠点の子会社、テレコムスクエア台湾では、台湾国内主要3空港に計8か所の店舗・カウンターを運営しており、日本への旅行者と対面のタッチポイントを保有しております。また、台湾内で当社のWiFiブランド「Wi-Ho!®(ワイホー)」の認知度は高く、WiFiレンタル利用者の7割が日本への旅行者です。“旅マエ”に、台湾の空港で対面かつ効果的なリーチが可能です。
 対面によるコミュニケーションは、言語と非言語の双方により、豊富な情報をヒューマンタッチでお客様へお渡しできます。また、非対面に比べて、お客様がその情報を受け取ったかどうかをその場で確認できるため、情報を確実に伝えたい場合に実効性が高まります。

日本の空港店舗で、WiFiルーターやプリペイドSIM購入をした訪日台湾人への直接訴求が可能

 当社は日本国内の主要空港に計20か所の店舗・カウンターを展開しております。日本到着後に当社の空港店舗でWiFiルーターをレンタルされる旅行者に、パンフレットの手渡しなど、オフラインでの直接訴求が可能です。

当社では、他にも様々なインバウンド向けソリューションを提供しております。ぜひご相談ください。

<Tokyo Shopping Week at ODAIBAについて>
 「アクアシティお台場」(運営:三菱地所リテールマネジメント株式会社)、「ヴィーナスフォート」(運営:森ビル株式会社)、「ダイバーシティ東京 プラザ」(運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)、「デックス東京ビーチ」(運営:東急不動産SCマネジメント株式会社)のお台場エリア4商業施設が、訪日観光振興に取り組むビザ・ワールドワイドの協力を得て、夏休み期間となる8月1日から31日までの1カ月間にわたり、4施設、合計約480店舗で実施する合同ショッピングキャンペーンです。
・開催日時: 2018年8月1日(水)~8月31日(金) [31日間]
・対象: 訪日外国人観光客
・主催: アクアシティお台場、ヴィーナスフォート、ダイバーシティ東京プラザ、デックス東京ビーチ
・協力: ビザ・ワールドワイド
※キャンペーンについて詳しくは下記URLをご確認ください
 https://www.visa.co.jp/visitjapan/en-tokyoshoppingweek-odaiba.html

■会社概要
 テレコムスクエアは、国際モバイル通信機器のレンタルや販売提供を通して、世界を旅するひとびとに、海外ならではの様々な楽しさを体験していただきたいと考えております。新千歳・成田・羽田・関西・中部・福岡・高松空港に計20カ所の店舗・カウンターを展開し、24時間365日対応のサポートセンターを運営しております。7年前にはプライバシーマークを取得し、個人情報保護体制を整備いたしました。2016年より、WiFiルーター台湾国内シェアNo.1を誇る「Wi-Ho!®」ユーザーとのタッチポイントである台湾三大国際空港内自社カウンターを活用し、一冊ずつ手渡しによる配布にてリーチ度100%を実現したフリーマガジン「日本放題®」を提供しています。

社名:  株式会社テレコムスクエア
代表者: 代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社:  〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル
設立:  1974年(昭和49年)3月28日

関連キーワード
インバウンドの関連記事
  • 健康経営ソリューション『COMORE BIZ』 SOMPOホールディングスグループの株式会社プライムアシスタンスに採用
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • 情報共有サービス「DocBase」にエンタープライズプランが登場
  • 企業主導型保育所(申請中)「京王キッズプラッツ多摩センター」を開設します!
  • 初期費用0円 年間コストを大幅削減 データフィードの見直しを検討している企業様に朗報! ビカム株式会社、乗り換えキャンペーンを実施
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事
民泊で隠し撮りし書類送検、福岡市内
地方
福岡市博多区のマンションで無許可で民泊を営んだうえ、室内で隠し撮りをしたとして、福岡県警博多署は4日、同市早良区の民泊オーナーの男(48)を...