• 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
郊外の空き家を活かすトークイベント 9/10 開催 〜起業家による人口減少時代のまちづくりとは〜

創業支援や地域活性に取り組む株式会社タウンキッチン(小金井市)は、トークイベント「郊外の空き家を考える会議」を9月10日(月)に開催します。

高度成長期に都心で働く労働者の住宅機能として整備された郊外は、大きな変化に直面しています。人口減少時代を迎える中、地域には空き家が増加し、さらに働き方改革によってテレワークやサテライトオフィスが推奨されるなど、郊外と都心の関係を見直す動きも出てきています。

このような郊外を拠点にタウンキッチンは自治体等と協働し、地方創生に係るしごとづくり事業や創業支援施設の運営を通して、地域で事業を始める人を応援してきました。次の展開として今年5月からは店舗・事務所に特化した不動産事業を始め、翌月には東京都の起業家による空き家活用モデル事業のコーディネーターに選定されるなど、空き家を含めた地域課題の解決に取り組んでいます。

郊外は都市計画による制限が多く、空き家の利活用方法には、例えば店舗併用住宅にするなどの工夫が必要です。本イベントでは、空き家・建築・都市計画における各分野の専門家と共に、空き家の可能性について議論を深め、人口減少時代における郊外のまちづくりについて考えます。

「郊外の空き家を考える会議」
日時:9月10日(月) 19:00〜21:30
場所:小金井宮地楽器ホール 小ホール (JR中央線「武蔵小金井駅」南口駅前)
参加費:無料
定員:50名 (申込先着順)
申込方法:ホームページより事前申込制 http://ko-to.info/course/course-2041/
対象: 空き家を所有している方、将来空き家を所有する見込みがある方、 空き家の利活用を検討している方

プログラム:
トーク①「空き家の正体」
トーク②「住宅を活かす」
トーク③「人口減少時代の都市」
ディスカッション 「郊外の空き家を考える」

ゲスト:
上田 真一 (NPO法人空き家・空き地管理センター 代表理事)
仲 俊治 (株式会社仲建築設計スタジオ 代表取締役)
饗庭 伸 (首都大学東京 都市環境学部都市政策科学科 教授)

モデレーター: 北池 智一郎(株式会社タウンキッチン 代表取締役)

※詳細はホームページからご覧ください http://ko-to.info/course/course-2041/

関連キーワード
地方, 新事業, 民泊の関連記事
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事