• 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
予約できる駐車場「B-Times」、兵庫県住宅供給公社所有の団地駐車場でサービス開始

タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、9月1日(土)より兵庫県住宅供給公社が所有する複数の団地駐車場において、予約制駐車場マッチングサービス「B-Times」の提供を開始いたします。

 「B-Times」は、空いている土地スペースを有効活用したい方と、外出先などで確実にクルマをとめたいドライバーの方をマッチングする会員制駐車場サービスです。「タイムズ駐車場」の開設が難しいエリアや小スペースなどにも開設が可能であることから、2016年8月のサービス開始以来、駐車場の登録数を増やしており、多くの方にご利用いただいています。

 この度、「B-Times」を提供する団地に付帯する月極駐車場は、入居者のライフスタイルの変化や高齢化にともない利用は減少傾向にあります。一方で、入居者の家族や友人、訪問介護事業者などが訪れた際の来客用駐車場のニーズは高まっており、整備する必要がありました。

 「B-Times」を導入することで、利用されていない月極駐車場を来客用として提供できるようになるほか、利用が減少している駐車場の有効活用にもつながります。
 さらに、団地への来訪者のみならず周辺にお住まいの方もご利用いただけるようになるため、近隣エリアのインフラとしても機能し、公社の団地が「B-Times」を通じて地域住民の生活利便性向上の一助になるものと考えております。

 9月1日(土)時点では計9団地でサービス開始を予定しており、その後、団地自治体等の同意を得られた公社所有の団地へと順次展開を予定しています。

 タイムズ24はこれからも、時間貸駐車場「タイムズ」および「B-Times」の駐車場数を拡大し、ストレスなくいつでもどこでも安心してクルマが利用できる「快適なクルマ社会の実現」を目指してまいります。

【「B-Times」提供団地イメージ】

<参考>
■「B-Times」提供団地一覧

■「B-Times」概要 https://btimes.jp/

※ご契約内容によっては、異なる場合があります

-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカープラス」
http://plus.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
http://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
http://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/

-----------------------------------------------------------

関連キーワード
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事