• ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
WEBサイト多言語化サービス「WOVN.io」と常陽銀行が業務提携

WEBサイト多言語化サービス「WOVN.io」を運営するWovn Technologies株式会社、は株式会社常陽銀行と「WOVN.io」の紹介についてビジネスマッチング契約を締結しました。

WEBサイト多言語化サービス「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を運営するWovn Technologies株式会社(東京都港区、代表取締役:林鷹治、以下「Wovn Technologies」)は株式会社常陽銀行(茨城県水戸市、取締役頭取: 笹島律夫、以下「常陽銀行」)と「WOVN.io」の紹介についてビジネスマッチング契約を締結しました。

常陽銀行のお取引先企業に対し、WEBサイト多言語化開発ツール「WOVN.io」の紹介を通じて、インバウンド対応・海外への販路拡大等をサポートしてまいります。

■背景と概要

日本を訪れる外国人は2016年に24百万人、2017年に28百万人と年々増加。政府はこれを2020年に4000万人にしようとする目標を掲げています。東京などの大都市だけでなく、地方に訪れる訪日外国人も増加し、それに伴い地方は、自らの商品や店舗、レジャーなどを多言語化して外国人に伝える必要性が高まっています。

そこでWovn Technologies は地方の企業と取引のある全国の金融機関と提携。共同で地方の多言語化の課題を解決していく取組みを実施しています。

■WOVN.io地方創生パートナーシップについて

Wovn Technologiesでは地方金融機関と提携し、各地域企業様のインバウンド対応や海外展開を支援してきました。今後も各地域企業等のWEBサイトへのWOVN.ioの導入、および多言語化のアドバイスを行う事で地方創生を促進していきます。

■WOVN.ioとは

「WOVN.io」は、最短5分でWEBサイトを30ヶ国語に対応できるサービスです。既存のWEBサイトに、後付けする形で多言語ページの公開が可能です。WOVN.ioを使うことで従来発生していた数千万円単位の開発コストや、数ヶ月にわたる開発期間が不要になります。

誰でも無料で利用できる「WOVN.io」と、専任サポートが最適なプランをご提案する完全オーダーメイドの「WOVN.io PRIME」を提供。株式会社エイチ・アイ・エスや東京急行電鉄株式会社など大手企業を含む10,000以上の事業者に導入いただいています。

2018年8月より、iOS(iphoneアプリ)の多言語化ができる「WOVN.app」も提供しております。

■企業情報

会社名称:Wovn Technologies 株式会社
代表者:代表取締役 林鷹治
所在地:東京都港区三田4-1-27 FBR三田ビル8階
TEL:03-4405-9509
設立:2014年3月
資本金:5億8,581万円(資本準備金含む)
事業内容:WEBサイト多言語化管理システム「WOVN.io」、およびアプリの多言語化管理システム「WOVN.app」の運営
URL:WOVN.io https://wovn.io/ja/
 WOVN.app https://wovn.app/ja

■本件に対するお問合せ先
Wovn Technologies 株式会社
PR 納富(Notomi)
pr@wovn.io
03-4405-9509

関連キーワード
  • BtoB・企業間後払い決済サービスの「NP掛け払い」  「マイナス金額での取引登録」機能を11月21日(水)より提供開始
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • いい生活とSMBC GMO PAYMENTが不動産市場における決済ソリューションの提携契約を締結。キャッシュレス化推進を目指し、遠州鉄道と実証実験を開始。
  • Miroku Webcash Internationalのアカウントアグリゲーションサービス『Account Tracker(アカウント トラッカー)』を、『LINE家計簿』が採用
  • 情報共有サービス「DocBase」にエンタープライズプランが登場
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
おすすめの記事