• 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
テクロコ、京都市観光協会が実施する「観光事業者マーケティング支援業務」の支援パートナーに選定。観光事業者へのGoogleマイビジネス導入を推進

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:荻原猛 以下、ソウルドアウト)の連結子会社である、株式会社テクロコ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:山家秀一 以下、テクロコ)は、公益社団法人 京都市観光協会(所在地:京都市中京区 会長:柏原康夫)が実施する「観光事業者マーケティング支援業務」の支援パートナーに選定されました。本支援事業を通じて、観光事業者のデジタルマーケティング導入を推進してまいります。


※写真左:公益社団法人 京都市観光協会 専務理事 高畑重勝氏
写真右:株式会社テクロコ 取締役 和田広大氏

■背景
国内外から京都への観光客は、年々増加の一途を辿っています。そのような追い風のなかで、京都市観光協会は、昨年11月に日本版DMO(※1)として観光庁より認定され、新たな地域活性化戦略を推進しています。その中での取り組みの一つとして、観光事業者の支援を開始致します。具体的には、関係観光業者間の協業を促すために法人向けWebサイトを構築するほか、起業支援につながる新しい事業の研究開発に取り組んでいます(※2)。

一方で、近年のスマートフォンの普及やインターネット環境の向上に伴い、観光客は旅行の情報源にスマートフォンを活用する傾向にあります。およそ9割のユーザーが店舗に訪れる前に検索を行っており、事前にガイドブックで調べた情報だけではなく、現地で調べた新たな情報をもとに、旅のプランをアレンジして思い思いの旅をしています。

テクロコはその取り組みの中で、事業者のデジタルの活用を推進すべく、京都の観光事業者の店舗情報を「 Googleマイビジネス 」に登録する際の支援を行います。

※1日本版DMO(Destination Management Organization)とは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。

参考:国土交通省観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page04_000048.html

※2 「京都市観光協会、DMO経営戦略を策定、デジタル活用の推進や需要分散化を盛り込む」(トラベルボイス)
https://www.travelvoice.jp/20180619-112902

■概要
観光事業者のデジタルの活用を推進すべく、テクロコは、京都の観光事業者の店舗情報を「 Googleマイビジネス 」に登録する際の支援を行います。

・期間:2018年10月1日~2019年1月31日
・内容:Googleマイビジネスの登録代行事業
・詳細:Googleマイビジネスへの正確な店舗情報の登録とオーナー確認をサポートし、登録後の反響をレポートにまとめご報告いたします。 京都市内の観光事業者は費用負担なしでサービス提供を受けることが可能です。

■「 Googleマイビジネス 」とは
Google 上で「地名 店舗業態」といったキーワードで検索すると、検索結果画面に店舗情報が表示される、 Google が提供するサービスです。本サービスには、表示内容の自動翻訳機能や写真付きメニューの掲載機能、クチコミ表示機能などが備わっており、世界中から集まる観光客に対して、非常に分かりやすく店舗の魅力を伝えることが可能です。


https://support.google.com/business/answer/3038063?hl=ja

テクロコでは、本支援事業を皮切りに、飲食店やクリーニング店をはじめとして、これまでなかなかデジタル化が浸透していなかった全国各地の事業者のビジネスモデルや戦略におけるデジタルシフトを支援していきます。

ソウルドアウトは、2014年から京都に営業所を構え、周辺地域の中小・ベンチャー企業の支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で行ってまいりました。この度の支援事業を通じて、京都を訪れる人々に地元の魅力を感じていただけるよう、より一層サービスの質の向上に努めてまいります。

ソウルドアウトグループは、日本全国の中小・ベンチャー企業の潜在能力が開花されていくために社員一同、顧客企業様の挑戦と成長に寄り添っていきます。

公益社団法人 京都市観光協会 概要
■所在地:〒604-8005 京都市中京区河原町通三条上ル恵比須町427 京都朝日会館3階
■代表者:会長 柏原康夫
■Email:media@kyokanko.or.jp
■ホームページ:https://www.kyokanko.or.jp/kaiin/

ソウルドアウトとは
ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開しています。全国21営業所を中心に、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の言葉にならない課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。Webを活用した事業のスタートアップからWebを活用する既存事業のアクセラレートまで、顧客の成長ステージに合わせた提案によって顧客企業の潜在能力を引き出し、それぞれの企業が自律自走できるまで寄り添いサポートします。

ソウルドアウト株式会社 会社概要
■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4龍名館本店ビル 4階・6階
■代表者:代表取締役社長 荻原猛
■Email:info@ml.sold-out.co.jp
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/

テクロコとは
テクロコは、Webマーケティング支援プラットフォーム(『Draft』)や、運用型広告の統合管理プラットフォーム(『ATOM』)、Webマーケティングの最適化支援ツール群(『brick』)、その他ツール提供などを通じ、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をテクノロジー支援の領域で展開しています。

株式会社テクロコ 会社概要
■会社名:株式会社テクロコ
■本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4龍名館本店ビル6階
■代表者:代表取締役社長 山家秀一
■Email:info@techloco.co.jp
■ホームページ: https://www.techloco.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社テクロコ 和田 広大(わだ こうた)
Email: info@techloco.co.jp

関連キーワード
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事