• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
自治体向けに“通常時+災害時にも活用できる地図”「GEOSPACE 災害対策支援パック」の提供を開始

デジタル地図の整備・制作、および空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬 崇)は、自社が提供する「GEOSPACE」の新メニュー「GEOSPACE 災害対策支援パック」の提供を、2018年10月24日に開始しました。

「GEOSPACE 災害対策支援パック」は、自治体様向けに、通常時にご契約の範囲内で避難訓練や情報蓄積用として地図コンテンツをご提供することに加え、災害時にも一定期間(1か月)契約端末台数を無制限として地図コンテンツをご提供するサービスです。サービス利用者は、災害時に防災システム等で契約端末台数を気にすることなく地図コンテンツを活用することができます。また、地図の印刷や画面コピーの利用許諾が標準ライセンスに含まれているため、各種書類に添付できる地図として、随時申請が不要で追加料金が発生せず※1、安心して利用できる サービスです。更に、利用許諾者が、第三者に再利用を許諾することも可能です (再利用許諾権付き※1)。
※1 ご契約いただいた際の「利用目的」の範囲に限ります。
                 

【提供イメージ】

                 

【サービス概要】


※3 災害対策基本法第2条第5号に定める指定公共機関、第23条に基づき設置された災害対策本部が対象です。

①GEOSPACE 電子地図(年間利用) 
地形や建物の形を精密に撮影した航空写真や、都市計画図などの公共測量成果物をベースに作成した地理空間情報コンテンツ(ベクトルデータ)です。カバーエリアは離島を含む日本国土全域(約38万㎢)と広範囲で、国土地理院基盤地図情報の原典データとして民間企業から採用された、高精度な地図データです。

メニュー:ベーシック(住所情報町丁目まで)、スタンダード(同番地号まで)を用意
提供単位:「市町村単位」、「県単位」、「全国」の3種類で提供
価  格:ベーシック   市町村単位 1端末100,000円~/年間(税別)
             端末5台以上で災害対策支援パックを適用 
     スタンダード  市町村単位 1端末150,000円~/年間(税別) 
             端末5台以上で災害対策支援パックを適用 

②GEOSPACE CDS(オンプレミス)
「GEOSPACE電子地図」をベースにした地図データ(ラスターデータ)を配信するクラウドサービス「GEOSPACE CDS」をオンプレミス環境で提供します。クライアントを選ぶことなく、様々な環境で自在に地図コンテンツをご活用いただけます。

メニュー:電子地図 
提供単位:日本全国
価  格:1端末120,000円~/年間(税別) 
      端末5台以上で災害対策支援パックを適用 

③GEOSPACE CDSプラス(占有型)
GISエンジンを利用せずに簡易にWebブラウザで電子地図、航空写真を表示し、地図上に作図やデータのプロットなどが可能なクラウド配信サービスです。電子地図・航空写真表示に加えて、ルート検索機能 、A3サイズ印刷対応、ハイブリッド(航空写真+衛星画像)対応(追加オプション料金で提供)など、多彩な機能を充実させています。
「GEOSPACE CDSプラス(占有型)」では、お客様環境を個別に構築し提供するため、災害発生時に予測されるアプリケーションへのアクセス権限が特定のユーザに限定されます。

メニュー:基本メニュー   電子地図、航空写真 
      追加オプション  ハイブリッド(航空写真+衛星画像)
提供単位:日本全国
価  格:1端末(ID) 230,000円~/年間(税別) 
      1端末(ID)以上で災害対策支援パックを適用
      初期費用200,000円が別途必要となります 
以上

関連キーワード
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事