• 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
nonno「社長養成プロジェクトNEXT」で40歳以上の独立者、起業家を支援

起業家支援の株式会社nonnoは従来行ってきた20歳代から30歳代を対象に実施してきた「社長養成プロジェクト」に加え新たに40歳代から70歳代の起業家を支援する「社長養成プロジェクトNEXT」を一般社団法人起業家育成コンソーシアムの協力のもと11月よりスタートさせます。

従来の「社長養成プロジェクト」は社長を目指す若者を対象に株式会社nonnoが用意した事業案件を取り扱う新会社を同社が設立し、その会社の社長補佐(アソシエイト)として勤務、事業のノウハウ、経験、知識、人脈などを引き継ぎ2~3年かけて本物の社長を養成するプロジェクトでしたが、「社長養成プロジェクトNEXT」はこの範囲を40歳以上に拡大したものです。違いは取り扱う事業案件を新社長が自分で決めて最初から自分で会社を設立するとしたところです。

株式会社nonnoの八木社長によれば「40歳以上は社会人経験が豊富。弊社から強制的に事業を与えるのではなく自分の事業計画を持ち込んでいただき、それを成功に導くお手伝いをする方が成功率が高い」とのこと。また「経営コンサルティングに近いが、我々が補佐的な立場に立ちながら起業したばかりで足りていない事業家としての知識や、特に人脈は積極的に補っていく」としています。なお基本的には株は保有しない方針で出資の依頼があれば「事業内容により考える」ということです。

支援は面談の上決定するので誰もが受けられるサービスではないですが、同社島田氏によれば「独りで起業は非常にリスクが高い。独立したばかりの起業家のほとんどは仲間が少なすぎる。積極的に弊社のようなアッパークラスの人的なネットワークを得られるサービスを活用してほしい」と言っています。

【社長養成プロジェクトNEXTに関するお問い合わせ】
株式会社nonno
担当:島田
03-44058986
bpp-next@mobio.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【会社概要】
会社名:株式会社nonno
代表者:代表取締役 八木 秀明
所在地:東京都新宿区西新宿7-20-16 住友不動産西新宿ビル15階

【事業内容】
・社長養成プロジェクトNEXT (40歳代から70歳代の起業家支援)
bpp-next@mobio.co.jp
・社長養成プロジェクト (20歳代から30歳代の起業家支援)
bpp@mobio.co.jp

関連キーワード
  • BtoB・企業間後払い決済サービスの「NP掛け払い」  「マイナス金額での取引登録」機能を11月21日(水)より提供開始
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • いい生活とSMBC GMO PAYMENTが不動産市場における決済ソリューションの提携契約を締結。キャッシュレス化推進を目指し、遠州鉄道と実証実験を開始。
  • Miroku Webcash Internationalのアカウントアグリゲーションサービス『Account Tracker(アカウント トラッカー)』を、『LINE家計簿』が採用
  • 情報共有サービス「DocBase」にエンタープライズプランが登場
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
おすすめの記事
民泊で隠し撮りし書類送検、福岡市内
地方
福岡市博多区のマンションで無許可で民泊を営んだうえ、室内で隠し撮りをしたとして、福岡県警博多署は4日、同市早良区の民泊オーナーの男(48)を...