• 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
空き家への出資応募、30秒で終了!

投資型クラウドファンディング事業を行う、 FANTAS technology株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:國師康平、以下当社)は、2018年11月12日18時より、第一回目の出資応募を開始し、FANTAS repro(空き家再生)PJ第1号案件への出資受付が30秒で終了した事をお知らせいたします。


サービス開始より、多くの方にご注目頂いておりましたFANTAS repro(空き家再生)への出資ですが、応募開始早々の終了となってしまいました。
また、多くの方にご出資頂きました結果として、その他のファンドにつきましても、2件の募集が既に終了しております。
今回の募集では、合計7件のファンド、総額1億247万円の資金を調達予定です。
11月下旬には2回目の募集案件の公表を予定しております。
今後も新たなファンドを組成し、より不動産投資を身近に感じていただければ幸いです。

■FANTAS fundingとは

サービス概要:不動産投資型クラウドファンディング
URL    :https://www.fantas-funding.com
対象案件  :1.空き家となっていた戸建ての再生プロジェクト
       2.新築マンションの開発プロジェクト
       3.中古ワンルームマンションのプロジェクト
想定運用期間:4カ月~7カ月
想定利回り :8~10%(年利)
手数料   :無料
※指定口座への振込手数料はご負担頂きます

■会社概要
社名   :FANTAS technology株式会社
本社 :〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F
代表者 :代表取締役 國師康平
設立 :2010年2月22日
資本金 :1億円
事業内容 :クラウドファンディング事業・Webメディア事業
URL :https://fantas-tech.co.jp/

関連キーワード
  • BtoB・企業間後払い決済サービスの「NP掛け払い」  「マイナス金額での取引登録」機能を11月21日(水)より提供開始
  • 山梨中央銀行との業務提携に関するお知らせ
  • いい生活とSMBC GMO PAYMENTが不動産市場における決済ソリューションの提携契約を締結。キャッシュレス化推進を目指し、遠州鉄道と実証実験を開始。
  • Miroku Webcash Internationalのアカウントアグリゲーションサービス『Account Tracker(アカウント トラッカー)』を、『LINE家計簿』が採用
  • 情報共有サービス「DocBase」にエンタープライズプランが登場
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
おすすめの記事