• 新サービス
    民泊や宿泊事業者向けに遠隔対面フロントデスクを提供できる「LiveFrontDesk (ライブフロントデスク)」を発表
    2018年4月16日
  • イベント
    空き家、空きビル活用セミナー 実質利回り40%の実績も
    2018年4月3日
  • 新サービス
    民泊レンタルWi-Fiが自在客公認Wi-Fiへ 自在客へ物件登録で事務手数料キャッシュバックキャンペーン開始
    2018年4月16日
  • 資金調達
    SQUEEZE、ケネディクスから総額約8億円の資金調達実施
    2018年3月29日
  • 新サービス
    民泊新法控え、無人チェックインサービス開始 KEY STATION メトロエンジン
    2018年3月27日
  • ビッグデータ
    社名変更のTATERU、IoT民泊アパート続々 ビッグデータ化
    2018年4月3日
  • インバウンド
    成田空港からはじまる訪日旅行の情報サイトを新設!
    2018年4月17日
  • 新サービス
    ブロックチェーン間の移動を可能に、TavittWallet/タビットウォレットをローンチ
    2018年4月16日
民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース

ウェブ接客プラットフォームの『LiveCall(ライブコール)』を運営しているスピンシェル株式会社は、民泊・宿泊施設のフロント業務に特化した『LiveFrontDesk(ライブフロントデスク)』アプリをリリースしました。


『LiveFrontDesk』アプリをインストールしたタブレット端末を民泊・宿泊施設のフロントに設置することで、遠隔にいるコンシェルジュがビデオ通話でチェックインなどのフロント業務に対応することができます。

夜間や早朝など人員が手薄になりがちな時間帯のみならず、最大で年中無休24時間の無人化体制を構築することが可能です。『LiveFrontDesk』ではクラウドプラットフォームのみならず、多言語対応ができる​『LiveFrontDesk』コンシェルジュも提供しているので、民泊・宿泊施設は人員確保も迅速に行えます。

『LiveFrontDesk』ウェブサイト: https://livefrontdesk.jp/
アプリのダウンロード: https://itunes.apple.com/jp/app/livefrontdesk/id1437206068?mt=8

■ 複数拠点を同時対応

遠隔から複数拠点に対応できるので各拠点にスタッフを配置するコストを抑えれます。
外国語スキルを持つスタッフを複数のシフトで組む心配もありません。

■ 充実した対応可能業務
フロントにお越しになった宿泊客をしっかりおもてなしするために、チェックインとチェックアウトをはじめ、ハウスルールの案内、お問い合わせの一次受けなどにも対応します。

■ 選べる言語、選べる時間帯

言語は、英語・中国語・韓国語・日本語の最大4言語の中から必要な分を選択できます。時間帯も最大24時間や夜間・早朝のスポットなど柔軟に編成できるので無駄がありません。日中時間帯は現地スタッフが対応をして、夜間と早朝のみ​『LiveFrontDesk』コンシェルジュで対応をするハイブリット体制も簡単に構築できます。

■ 安心のサポート
フロント業務の経験豊富なスタッフが接客シナリオの策定のほか、オプションで導入・設置支援やレポーティング、遠隔からの監視などの提供を通して、民泊・宿泊施設は長期的な運用をサポートします。

【お問い合わせ】
スピンシェル株式会社
TEL 03-6268-8383
E-mail: press@livecall.jp

関連キーワード
  • 民泊・宿泊施設のフロントを無人化する『LiveFrontDesk』アプリをリリース
  • SQUEEZEの宿泊管理システム『suitebook』、サイトコントローラー『ねっぱん!』と連携を開始
  • 古民家を利用した地域活性化拠点 書店&宿泊「廣島書店」オープン
  • 観光振興・地域滞在消費の促進|阿蘇の「道の駅」や島原城など7地域の不稼働時間帯の駐車場等に給電機器と連携したシェアサービスを導入し、車中泊を有償化するルール整備と地域滞在消費を促進する取組
  • 空き家への出資応募、30秒で終了!
  • 大型台風や地震などの自然災害により売上が減少 風邪の季節に入り、総合感冒薬は高価格帯製品が牽引し好調にスタート
おすすめの記事